弁護士に相続登記を依頼するメリット

遺産相続

「弁護士に相続登記を依頼するとどのようなメリットがあるのでしょうか?」

 

1,相続人が1人の事案の場合

 

「弁護士か司法書士に相続登記を依頼すればよいと考えます。」

 

相続人が1人の事案でも弁護士に依頼をしたいという方は結構います。

 

戸籍などの書類を集める権限は司法書士と差異はありませんが,土地・建物以外にも預金の凍結の解除のための書類のほか,対外的な交渉が必要になってくる場面があるからです。法的な争いなどがあると,やはり弁護士しか交渉ができないからです。

 

2,相続人が複数いる事案の場合

 

「弁護士に相続登記を依頼するメリットが大きいと考えます。」

 

相続人が複数いる事案の場合,弁護士に依頼するメリットが大きい理由を述べます。

 

相続登記をするには遺産分割協議書を必要書類となってきます。遺産分割協議書を作成するには,他の相続人との遺産分割協議をしなければなりません。相続の対象となる遺産の把握や遺産の分割の方法という高度に専門的な知識が必要になってきます。遺産が土地・建物だけで,全く争いがないと思っていても,①相続人の誰が土地・建物を取得するか,②取得した方が他の相続人に支払う代償金等の金額で揉めてしまうこともあります。また,土地・建物以外に遺産がある場合や使途不明金がある場合には,紛争があるかもしれません。寄与分や特別受益という難しい法律上の問題もでてくるかもしれません。結果として,紛争になってしまうと,裁判所で調停をしなければなりません。調停になったときに,代理人となることができるのは弁護士のみです。

 

他方,逆の発想をしてみてください。紛争にならなくとも,裁判所の実務を理解している弁護士が最初から遺産分割協議に関与していれば,紛争の防止にもなるのではないかと考えられます。

 

3,結論

 

したがいまして,あらかじめ弁護士に相続登記を依頼しておくメリットは大きいと考えます。